比嘉清の文でおぼえるうちなあぐち

聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ 御万人ぬうちなあぐち

はいさい、ぐすうよう。いめんせえびり。 うちなあぐちの散文を丁寧文で実践している比嘉清です。 うちなあぐちへは散文から入るのも一つの手です。沖縄の団塊世代は日本語を学ぶのに100%近くが小学校の教科書から入りました。大きくなって発音の違いに苦労しましたが、長い目でみれば、今は文章から入ってよかったと思っています。

はいさい、ぐすうよう。

「文でおぼえるうちなあぐち」(ヤフーブログ)え、くまんかい移(うち)やびたん。
前(めえ)ぬしい様(よう)とお、変(か)わゆる筈(はじ)やいびいしが、今(なま)あ、先(ま)じえ、ブログ移いぬ御案内(ぐあんねえ)、うんぬきらなんでぃ思(うむ)とおいびいん。
 今迄(なままでぃ)ぬ如(ぐとぅ)、思愛(うみがな)さし、うたびみせえりびり。
  ゆたさるぐとぅ、御願(うにげ)えうんぬきやびら。
 
【語句】
みなさま、こんにちは。
 「文でおぼえるうちなあぐち」(ヤフーブログ)はここに引っ越しいたしました。
記事内容は以前の方法とは、あるいは違うかもしれませんが、今回はとりあえず、引っ越しのあけさせていただきます。
 これまで同様、ご愛読いただきますようお願いいたします。
 よろしく、お願い申し上げます。

うちなあぐち

望(ぬず)どおるっ人(ちゅ)とぅ結(むし)ばりいるっ人(ちゅ)お、なんず(お)お居(をぅ)らん。
② 組踊(くみうどぅい)や節歌(ふしうた)し、成(な)とおんでぃちん、遠(とぅう)や退(ぬ)かん
③ あまぬ子(くゎ)ん達(ちゃあ)や諸(むる)、優(すぐ)りだっくぃいぬ血引(ちいふぃ)ちょおん
④ 包丁(ほうちゃあ)や研(とぅ)じいねえ、また鋭(た)ちゅんねえなゆん。
口(くち)んかい花咲(はなさ)かする挨拶(いぇえさち)え、何(ぬう)ん重(んぶ)らさあねえん。
⑥ うりじんから若夏(わかなち)まんぐる(ろ)お、みどぅいぬ咲(さ)ちゅん。
⑦ 根性者(くんじょうむん)ぬどぅ却(けえ)てえ、胴病(どぅうやんめえ)買(こう)ゆる
⑧ 女(ゐなぐ)、ありましくりましいしい強(ぢゅう)さぬ持(む)ち外(はじ)きたん。

日本語

好きな人と結婚できる人は、それほどいない。
② 組踊は楽曲で成り立っている言っても、的外れではない
③ 向こうの子供達は皆、秀才の血統を受け継いでいる
④ 包丁は研ぐと、再び良く切れるようになる。
美辞麗句を並べてする挨拶は、ちっとも、重みがない。
⑥ うりじんから初夏の頃は新緑になる
⑦ 意地悪な人に限って自損するのである
⑧ 女の好みについて気移りが激し過ぎて婚期を逸した。
 
【解説】
例文①「望むん」は「希望する、欲する」の意味の他に「結婚相手として好む」という意味もあります。また、「相(ええ)望(ぬず)み」は互いに「惚れ合っていること」、「相思相愛」の意味です。
例文②「遠や退かん」は「的外れではない」、「間違いというわけでなない」の意味合いです。
例文③「血引ちゅん」には「血の気が引く」、「気が抜ける」そして「血筋を引く」の意味等があります。
例文④「鋭ちゅん(「鋭」)は当て字」は「(刃物の)刃が良く切れる」意味。「裁つ」の関係ある語でしょうか、
例文⑤「口んかい花咲かすん」は「美辞麗句を言う」の意味。
例文⑥「みどぅいぬ咲ちゅん」は「新芽が出る」、「(野山々が)新緑になる」等の意味。「みどぅい」は「芽」の意味。
例文⑦「胴病買ゆん」は「自損する」の意味です。
例文⑧「ありましくりまし(い)すん」は「気が目まぐるしく変わる」、「激しく移り気する」の意味。「ありまさらあくりまさらあ」とも言います。

【応用問題】
 例文や説明文を参考に次文中の太字の語句に相応しい語句を左の( )内から選びなさい。答えは下欄です。
(遠や退かん、ありましくりましいしいねえ、鋭ちゅしどぅ、血引ち、相望みしどぅ)

① 母(あんまあ)や、あんまさがあたらあ、色青(いるおお)ざあなてぃ、けえ倒(とお)りたん。
② あっ達(たあ)話(はなしい)や諸(むる)が口(くち)ぶうちやんでぃ言(ゆ)しが、大概(てえげえ)や当(あ)たとおん。
③ どぅく、肝(ちむ)変(か)わいらあされえ、。後(あとぅ)ぬうずみ、何(ぬう)ん選(いら)びゆさん。
④ あっ達(たあ)二人(たい)や、互(たげ)えに望(ぬず)でぃどぅ、ちゅまなとおる。
⑤ 添具(しいぐ)お、鈍(なま)ししやか、良(ゆ)う切(ち)りゆしどぅましやる。
答え:
① 血引ち。
② 遠や退かん。
③ ありましくりましいしいねえ。
④ 相望みしどぅ。
⑤ 鋭ちゅしどぅ。

日本語意訳
①母は気分が悪かったのか血の気を失って倒れてしまった。
②彼らの話は大言壮語だと言うが、的外れではない。
③あんまり、気移りが激しいと、結局、何も選べない。
④あの二人は相望みして、一緒になれたのである。
⑤ナイフは、鈍っているものより、良く切れるのがよいのである。

うちなあぐち

① 子(くゎ)ん達(ちゃあ)や、前(めえ)なちょおかんでえ、何(ぬう)がすら分(わ)からん。
② 地(じい)ぬ境(さあけえ)ぬ事(くとぅ)なかい、隣(とぅない)ぬ人(ちゅ)なかい家(やあ)しいかったん。
③ 孫(んまが)あ、物(むん)に凭(むた)っとおねえし、とぅるばとおん。
④ うぬ芝居(しばい)やれえ、見(ん)ちんちゃる如(ぐとぅ)どぅある
ねえぬ揺(ゆ)いねえ、瀬(し)上がり波(なみ)ぬ寄(ゆ)しゆる事(くとぅ)んあん。
⑥ 今(なま)あ医者技(いしゃわざ)ぬ正(しょう)じてぃ若(わか)じいら入(い)ゆる事(くと)おいきらさん。
⑦ 昔(んかし)え片膝(かたちんし)取(とぅ)てぃどぅ座(い)ゆたしが、今(なま)あ風儀(ふうじ)ん無(ね)えん。
⑧ うぬ机(しゅく)お幅取(はばとぅ)てぃ、くぬ座(ざあ)んかいや置(う)からん。

日本語

① 子供達は見張っておかないと、何をするか分らない。
② 土地の境界の事で揉めて隣人に家に押しかけられた。
③ 孫は魔物に取り憑れたように、ぽかんとしている。
④ その芝居なら、幾度となく見物している
地震が起きると、津波が来る事もある。
⑥ 現代は医療が発達して、産後を病む事は少ない。
⑦ 昔は片膝立てして、座ったものだが今はみっともない。
⑧ この机は幅が大きいのでこの部屋には置けない。

【解説】
例文①「前なすん」は「(見える範囲に居て)見張る」、「守る」、「監視する」の意味です。
例文②「家しいちゅん」は「苦情や揉め事があって相手の家に押しかける」の意味です。
例文③「物に凭りゆん」は「魔物や悪霊に取り憑かれる」の意味です。
例文④「見ちんちゃる如どぅある」は「(幾度となく見た事があるので、改めて見るまでもない)という意味合いにあるます。類語句に「食(か)でぃんちゃる如どぅある」、「読(ゆ)でぃんちゃる如どぅある」があります。
例文⑤「ねえぬ揺ゆん」は「地震が起きる」。「ねえ」は日本古語「ない」で、元々は土地の意味ですが、転じて「地震」の意味なったされます。参考:『広辞苑』。
例文⑥「若じいらは入ゆん」は「産後を病む」の意味。「若じいら」は「産後間もない産婦」。「しいら」は「難儀、苦しみ、災難」等の意味。「しいら入ゆん」は「苦しむ」、「苦労する」等の意味です。
例文⑦「片膝取ゆん」は「片膝を立てて座る」。この例文は「取ゆん」の慣用句の追加です。
例文⑧「幅取ゆん」は単に「幅が大きい」と言う意味で、日本語の「場所を占領する」、「はばをきかす」の意味はありません。
 
【応用問題】
 例文や説明文を参考に次文中の太字の語句に相応しい語句を左の()内から選びなさい。答えは下欄です。
(若じいらあ、物に凭ってぃん、家しいちいが行じゃん、飲でぃんちゃる如どぅある、前なすん)

① わじやあに、人(ちゅ)ぬ家(やあ)んかい、ごうぐちしいが行(ん)じゃん。
② ビールお、ちゃっさが飲(ぬ)だらあ分(わ)からんあたい飲(ぬ)だん。
悪(や)な物(むん)なかいうっちゃからってぃん、如何(ちゃあ)ん無(ね)えん。
子産(くゎな)ち直(ちゃあき)ぬ女(ゐなぐ)お、いいくる庫下(くちゃ)んじ、憩(ゆく)とおん。
⑤ 童(わらん)ん達(ちゃあ)、見(ん)じゅんでぃち、仕口(しくち)んならん。
答え:
① 家しいちいが行じゃん。
② 飲でぃんちゃる如どぅある。
③ 物に凭ってぃん。
④ 若じいらあ。
⑤ 前なすん。

日本語意訳
①怒って苦言を呈しに他人に家に押しかけた。
②ビールは幾らでも飲んだ。
③魔物に憑かれても大丈夫。
④産後間もない女性は大抵、裏座で休んでいる。
⑤子供たちを見守ろうとして、仕事にならない。

↑このページのトップヘ