日本語

① 君の(仕事等)は、思い通りにできているか。
② 友だちと同じように、勉強しなくてはいけないよ。
③ そんなに旨いものは、食べた事がありません。
④ 沖縄語は少しは、日本語のようです。
⑤ 貴様のような奴、道理も知りもせず。
⑥ あそこには行かないでここにお出でなさい。
⑦ 何もせず、ここで待っておこう。

うちなあぐち

① 汝(やあ)むのぬお、思(うみ)いが如(ぐとぅ)なとおみ。
② 友(どぅし)とぅ同(い)ぬ如(ぐとぅ)、勉強(びんちょう)さんでえならんどお。
③ うん如(ぐと)おる旨(まあ)さむぬお、食(か)だる事(くと)お、無(ね)えやびらん。
④ 沖縄語(うちなあぐち)え、いふぃえ、やまとぅぐちぬ如(ぐと)おいびいん。
⑤ 汝(やあ)如(ぐと)おりいや、物(むぬ)ん知(し)らん。
⑥ あまんかいや行(い)かんぐうとぅう、くまんかい来(く)わ。
⑦ 何(ぬう)んさんぐうとぅう、くまんじ、待(ま)っちょうかな。

 
【解説】
◆ぐとぅ:「―のごと(く)、―のよう(に)」の意味で、「―ねえ(―のよう)」と同じ意味です。「ねえ」に「し」が付く「ねえし」(のように)は、「如し」(ごとく、のように)の意味になります。
◆ぐとおん:「―のようだ」の意味で、「―ねえそおん」と同じ意味です。前述の「ぐとぅ(如)」と関係ある語です。「如(ぐとぅ)あん」については、実際には「如どぅある」等と強調助詞を混ぜて使うために、ピンとこない人もいるかも知れませんが、実在する語句で、意味は「如おん」と同じです。
◆ぐうとぅう(註1):「―しないで、―せずに、」という意味の否定文の中で用いられる語句です。「―否定文+ようい」(第40講参考)とほぼ同じ意味になります。

例文③「うん如おる」に関連する語として、「うんな」、「うぬゆうな」、「あねる」、「あんねえる」、「あんねえたる」もあります。同様に、「くん如おる」の類語である「くんな」、「くぬゆう(な)」、「くぬ如おる」等があります。
例文⑦「待っちょうか」は「待っちょうちゅん(待っておく)」の未然形で意思を表わします(参第71、88講)。これに付く「な」も意思を表わす助詞です。
 
【応用問題】
 次の沖縄語文を「如、如おん、ぐうとぅう」を使う文に直しなさい。
① 今(なま)あ、那覇(なあふぁ)ぬ町(まち)え、ヤマトゥねえそおん。
② 父(すう)とぅまじゅん、居(をぅ)とおちゅんねえ、考(かんげ)えてぃ取(とぅ)らし。
③ 腸心地(わたぐくち、はらぐくち)ぬ悪(わ)っさんねえ、そおっさあ。
④ あんしいねえ、何(ぬう)ん食(か)まんようい、薬(くすい)びけえん飲(ぬ)どおちゅしえましえあらに。
⑤ 宜(ゆた)しく(註)、御願(うにげ)えさびらやあ。
答え:
① 今あ那覇ぬ町え、ヤマトゥぬ如(ぐと)おん。(如どぅある)
② 父とぅまじゅん、居とおちゅる如(ぐとぅ)、考えてぃ取らし。
③ 腸心地ぬ悪っさる如(ぐと)おっさあ。
④ うん如(ぐとぅ)うやれえ、何ん食まんぐうとぅう、薬びけん、飲どおちゅしえましあらに。
⑤ 良(ゆ)たさる如(ぐとぅ)、御願えさびやらあ。

日本語意訳:
①今は那覇の町は日本本土みたいだ。
②父と一緒にいておくように取り計らってくれ。
③腹具合が悪いようだな。
④だったら、何も食べずに、薬だけ飲んでおくのが良いのではないか。
⑤よろしく、お願いしますよ。

註:「ゆたしくうねげえさびら」という言い回しは間違いで「ゆたさるぐとぅ、うにげえさびら」が正しいという説がありますが、「ゆたしく」という語自体は『沖縄辞典』の「hadamuci(肌持ち)」の例文に、「肌持ちぬゆたしくなとおん」(原文はローマ字表記)と存在します。