比嘉清の文でおぼえるうちなあぐち

聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ 御万人ぬうちなあぐち

はいさい、ぐすうよう。いめんせえびり。 うちなあぐちの散文を丁寧文で実践している比嘉清です。 うちなあぐちへは散文から入るのも一つの手です。沖縄の団塊世代は日本語を学ぶのに100%近くが小学校の教科書から入りました。大きくなって発音の違いに苦労しましたが、長い目でみれば、今は文章から入ってよかったと思っています。

2015年09月

うちなあぐち

① 父(すう)ぬたきちきとおんでぃぬ話聞(はなしち)ち、胸樽(んにたあら)割(わ)りとおん
② 夫旅(うとぅたび)んかい遣(や)らちゃるむぬやしが、胸(んに)ぬわさみちゅん。
③ 大水(ううみじ)なかい家(やあ)ぬ流(なが)さったんでぃぬ話や実(じゅん)に胸焼(んにや)ちゅん
④ ハブんかい走(は)い行逢(いちゃ)いねえ、誰(たあ)やてぃん胸冷(んにふぃ)じゅらすん
⑤ 強(ちゅうし)ばあ台風(ううかじ)ぬ来(ち)ちゅうるばす(お)お、胸(んに)じいら入(い)ゆさ。
⑥ 女(ゐなぐ)ん子(ぐぁ)あ新衣(みいじん)、着(ち)い欲(ぶ)さし、胸(んに)だくみちそおたん
⑦ 人(ちゅ)ぬ前(めえ)んじ三味線(さんしん)弾(ふぃ)ちゅるばあや、胸(んに)ぎとぅぐとぅすん。
⑧ 嫡子(ちゃくし)ぬ新嫁(みいゆみ)え如何(ちゃ)ぬ様(ゆう)な女(ゐなぐ)がやら、胸(んに)どんどんそおん。

日本語

① 父が危篤だという話を聞いて胸も潰れる思いである
② 夫を旅に行かせたのだが、胸騒ぎがする
③ 洪水で家が流されたという話は本当に心を痛める
④ ハブに遭遇すれば、誰でも、はっとする(肝を冷やす)
⑤ 強い台風が来るときは心労するよ。
⑥ 女の子は新品の服を着たがって胸をときめかしていた
⑦ 人前で三味線を弾く場合は、胸がどきどきする。
⑧ 長男の嫁はどんな女なのか、胸がどきどきしている。

【解説】
 胸語は「驚き」や「不幸」や喜びに遭遇したとき身体に受ける衝撃を表現するものが多いです。「胸口(みぞぐち)」、「胸毛(んにぎい)(むなげ)」等は略します。

例文①「胸樽割りゆん」は、胸を樽に例えて「心配で胸が潰れる思いがする」意味です。
例文②「胸ぬわさみちゅん」は「胸騒ぎがする」の意味で、「胸ぬ」と「わさみちゅん」からなる句です。「胸わさわさ(あ)す」とも言います。「わさわさ」は「ざわめく」を表わす擬態語です。類語に「肝わさわさあ」等があります。
例文③「胸焼ちゅん」は「(自他問わず)危険に遭遇した時に焦ったり、苦慮したりする」の意味です。
例文④「胸冷らさん」は「はっとする」、「肝を冷やす」等の意味。「胸冷らさすん」はその動的表現です。
例文⑤「台風」は「ううかじ」とも「てえふう」とも言います。「胸じいら」は「心労」。「しいら」は「災難」や「厄介な病気」等の意味です。「しいら入(い)ゆん」や「しいらぬ多(うふ)さん」等と使います。
例文⑥「胸だくみちすん」は「胸」が「だくめく」という意味で、(良い事等に対して)「ときめく」の意味になります。
例文⑦「胸ぎとぅぎとぅ」は、(期待と不安が入り混じって)「心臓がどきどきする様」の意味。
例文⑧「胸どんどん」も前例文の「胸ぎとぅぐとぅ」と同じ意味です。「胸だくだく」とも言います。

【応用問題】
例文・解説文を参考に次文の太字部分に意味に近い語句を左の( )内から選びなさい。答えは下欄です。
(胸冷じゅらちゃん、胸ぎとぅぎとぅ、胸どぅ焼ちゅる、胸じいら入ゆる)

① ふだがなし、車(くるま)ぬ突(ち)ち当(あ)たらんでぃさあに、諸毛立(ぶりぎいだ)ちゃん
② 狂(ふう)り遊(あし)びびけんそおる子(くぁ)ぬ居(をぅ)れえ、親(うや)あ苦労(くろう)する筈(はじ)。
③ でえじな、胸だくだくなやあに、血圧(きちあち)ぬ上(あ)がとおさ。
④ うんな事(くと)しん、不為(ふだみ)なゆんでぃ思(うみ)いねえ、肝(ちむ)ん肝ならん
⑤ 戦世(いくさゆ)ぬ事(くとぅ)、思(うび)い出(ん)じゃしいねえ、実(じゅん)に肝(ちむ)どぅ抱(だ)ちゅる
答え:
① 胸冷らちゃん。
② 胸じいら入ゆる。
③ 胸ぎとぅぎとぅ。
④ 胸樽割りゆん。
⑤ 胸どぅ焼ちゅる。

日本語訳
①すんでの所で車が衝突しそうになってひやっとした。
②遊び呆けている子を持つ親は苦労するだろう。
③とてもどきどきして血圧が上がったよ。
④そんな事をしても、(将来的に)、為にならないと思うと、胸も押し潰される思いだ。
⑤戦争の事を思い出すと、本当に胸が痛む。

うちなあぐち

① 沖縄人(うちなあんちゅ)ぬ口々(くちぐち)え諸(むる)、うちなあ口(ぐち)やしえ、ましやしがる。
② じいかじん聞(ち)かん童(わら)ぬ口(ぐち)ぬ分(わ)からな口髪(ぐちからじ)ぬ病(や)むさ。
口引(くちふぃ)かりいるあたい、口(くち)とぅ斗掻(とうか)ちぬ暮(く)らしどぅそおる。
口(くち)ぬ上辺(うゎあび)びけんぬ口車(くちぐるま)んかい、乗(ぬ)しららんし(せ)えまし。
悪(や)な口(ぐち)し、ちゃっさ口敵(くちかな)てぃん、親(うや)んかいや敵(かな)あん。
口振(くちふ)てぃにいねえ、彼(あり)ぬ口ぬ悪(わ)っさしん肝内(ちむうち)ん分(わ)かゆん。
はか口(ぐち)開(あ)ゆるばすぬ方角(ほうがく)お、今(なま)ぬっ人(ちゅ)お肝(ちむ)に掛(か)きらん。
⑧ 女(ゐなぐ)お口(くち)吸(す)うゆる前(めえ)に口濯(くちゆし)ぎんでぃ言(い)ち口尖(くちとぅが)らちょおん
⑨ 良(い)い新口(みいぐち)んかいなゆんねえ、赤口(あかぐちゃ)あ前(めえ)んかい祈(いぬ)たん。

日本語

① 沖縄人の言葉は、すべて、沖縄であれば良いのに。
② 聞き分けの無い子供の話が分からず怒り疲れるよ。
③ 食事を減らされる程、ぎりぎりの生活しかしてない。
上辺だけ口車(くちぐるま)に乗せられない方がよい。
口汚く、いくら親に口応えしても、親には敵わん。
言わせてみれば、彼の口の悪いのも内心も分かる。
鍬入れの方角については現代人は気にかけない。
⑧ 女はキスする前に嗽(うがい)をしろと言って不機嫌である
商売初めが上手くいくよう、火ヌ神様に祈った。

【解説】
例文①「口々」は「口々」の意味の他、「みんなの喋る言葉」と言う意味もあります。「ましやしがる」は「良いけど…」の意味。「る」は強調を表わす「どぅ」の清音。「(地域名、国名)口」は「(地域、国)語」。例:大和口(やまとぅぐち)=日本語。
例文②「口ぬ分からん」は「言葉が分からない」又は「言葉が通じない」等の意味です。「口髪ぬ痛(病)むん」は肝要的に「言い疲れて頭痛がする」等の意味となります。
例文③「口引ちゅん」は「食べ物を(他人の為に)減らす」の意味で「口引かりゆん」はその受身文です。「口と斗掻ち」は「斗掻きで掻き込むだけの食事しかできない生活の事」。
例文④「口ぬ上辺」は「口先」と同じ意味です。「口車」は日本語のそれと同じ意味です。
例文⑤「悪な口」は「口汚い事」。「口敵ゆん」は「口が達者である」と「(年配に)口答えをする」の意味があります。例文⑥「口振ゆん」は「(相手の意向を伺う為に)それとなく言わしてみる」の意味。「口ぬ悪っさん」は「口が悪い」。
例文⑦「はか口」は「鍬入れをする最初の場所」の意味ですが、転じて「仕事初め」。
例文⑧「口吸うゆん」は「キスをする」。「口濯じゅん」は「嗽をする」。「口尖らすん」は「ご機嫌斜めである」。
例文⑨「新口」は「商売の口開け」。「赤口あ前」は「火(ふぃ)ヌ神(かん)」の別称で文語で口語では使いません。

【応用問題】例文・解説文を参考に次文の太字部分に意味に近い語句を左の( )内から選びなさい。答えは下欄です。
(悪な口、口ぬ分からな、口ぬ敵ゆしが、口尖らちょおん、口髪ぬどおん)

① ウランダーぬ言葉(くとぅば)ぬ分からな、しいら入(い)っちょおん。
② 童(わらん)ん達(ちゃあ)、呪(ぬれ)え懲(くる)すんでぃち、頭病(ちぶるや)んさい、口(くち)だっさなとおん。
③ 童(わらび)え、猫口(まやあぐち)なやあに熱(あち)こうこう食(か)むし、嫌々(んぱんぱ)そおん。
④ 良(い)い事(くとぅ)ん
悪(や)な叫(あ)びいしいねえ、悪(や)な事(くとぅ)ねえしどぅ聞(ち)かりいる。
⑤ 彼(あり)え、でえじな、
弁口(びんくう)'''やしが、弁護士(ぶんぐし)がやら。
答え:
① 口ぬ分からな。
② 口髪ぬ病どおん。
③ 口尖らちょおしん。
④ 悪な口。
⑤ 口ぬ敵ゆしが。

日本語意訳
①外人の言葉が分からず困っている。
②子供等を叱りつけようとして頭が痛い。
③子供は、猫舌なので、熱いものをたべないと、嫌がっている。
④良い事でも口汚く言えば悪い事の様にしか聞えない。
⑤彼はとても雄弁だが弁護士なのか。

うちなあぐち

① さんさなああん小達(ぐぁあたあ)や'口浅(くちあ)っさんあい、三(さん)馬口(ばくち)んやん。
② 彼(あり)え、芋(んむ)ぬ口(くち)どぅやくとぅ、誰(たあ)んかい口(ぐち)ふぃんけえさん。
③ 彼(あり)が話(はなし)え、口回(くちまあ)いする為(たみ)ぬ口先(くちさち)どぅやる筈(はじ)。
④ 母(あんまあ)や口重(くちんぶ)うやしが、叫(あ)びらしいねえ、口喧(くちやがま)さん
⑤ あぬ童(わら)え口数(くちかじ)んあい、口(くち)早(べえ)く口ん敵(かな)ゆくとぅ大事(でえじ)やさ。
口剃刀(くちがんすい)同士(どうさあ)ぬ口事(くちぐとぅ)お、聞(ち)ちん、口(くち)はごうさん
⑦ 上辺(うゎあば)な口(くち)ぬ緒(うう)から世間(しきん)ぬ口舌(くちしば)んかい掛(か)かゆる事(くとぅ)んあん。
⑧ 男(ゐきが、いきが)ぬ油口(あんだぐち)え、口先(くちさち)びけんどぅやくとぅ、心得(くくりい)り。
口(くち)ぬ緩(ゆる)るうそおしえ、歌口え(うらぐち)えあらん風儀(ふうじ)やん。

日本語

① お転婆お嬢さん達は、口も軽くお喋りでもある。
② 彼は、無口なので、誰にも口答えをしない。
③ 彼の話は言い逃れする為の上辺だけの言葉かも知れん。
④ 母は、口下手だが、喋らすと、小言ばかり言う
⑤ あの子は語数も多く、早口口答えもするから大変だよ。
口達者同士の言い争いは聞いても、口汚い
⑦ 余計な口癖から世間の悪評に乗る事もある。
⑧ 男の甘言は口先だけだから、気を付けよ。
口の締りが悪いのは、歌上手ではいないみたいだ。

【解説】
例文①「さんさなあ」は「煩く鳴く蝉」の事ですが、「お転婆」に意味にも転じています。「口浅さん」は「軽々しく(言っていけない事も)口にする」の意味で「口ぬ軽さん」と同じです。
例文②「芋ぬ口」は「無知な者」を嘲笑する語。
例文③「口先」は「上辺だけの言葉」で「口ぬ上辺」とも言います。
例文④「口重う」は「訥弁である」、「口下手」の意味。「口喧さん」は「小言を煩く言う様」。
例文⑤「口数」は「言葉の数」、「語数」等の意味。「口早さん」は「早口である」。「口敵ゆん」は文脈によって、「口応えする」又は「口が達者である」。
例文⑥「口剃刀」は「口が達者である者」或いは「言う事が鋭い者」。「口事」は「言い争い」や「口喧嘩」。「口はごうさん」は「口汚い」。
例文⑦「口ぬ緒」は「口癖」の意味で、「口癖」とも言います。「口舌」は「(主には悪い)評判また噂」の意味です。
例文⑧「油口」は日本語に同じく「甘言(かんげん)」。「口先」も日本語に同じで「口先」。
例文⑧「口ぬ緩う」は「口の締りが悪く、だらしない様子」。「歌口」は「歌が上手い口」、つまり「歌上手」。

【応用問題】
 例文・解説文を参考に次文の太字部分に意味に近い語句を左の( )内から選びなさい。答えは下欄です。
(口浅さん、三馬口、口事、口舌、芋ぬ口、口重う、口喧さ、口ぬ緒)

① あまぬゆんたくうあんまあんかいや、口下手(くちびた)ぬ主(すう)や敵(かな)あん。
② 重(んぶ)し減(ふぃ)ならんすんでぃしえ、彼(あ)っ達(たあ)口(くち)ぬ上辺(うゎあび)びけんぬ口癖(くちぐし)どぅやる。
③ 彼(あり)え、とぅるばやあどぅやくとぅ、友(どぅし)え一人(ちゅい)んちょおん居(をぅ)らん。
④ ごうぐちさる為(たみ)なかい、あんし、沙汰(さた)さりいんでえ思(うま)あんたん。
⑤ あんすか迄(までぃ)ん、抗(あらが)あしいねえ、仲直(なかのお)いやならんないんどお。
答え:
① 三馬口、口重う。
② 口先。口ぬ緒。
③ 芋ぬ口。
④ 口喧さ。口舌んかい掛かゆん。
⑤ 口事。

日本語訳
①あのお喋り母さんには口下手の親父は敵わない。
②負担を軽減するというのは口先だけである。
③彼は(どうしようもない)無口なので、友だちは一人もいない。
④小言を言ったばかりに、こんなに、悪く噂されるとは思わなかった。
⑤そんなにひどく、言い争いをすると、仲直りが出来なくなるよ。

↑このページのトップヘ