比嘉清の文でおぼえるうちなあぐち

聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ 御万人ぬうちなあぐち

はいさい、ぐすうよう。いめんせえびり。 うちなあぐちの散文を丁寧文で実践している比嘉清です。 うちなあぐちへは散文から入るのも一つの手です。沖縄の団塊世代は日本語を学ぶのに100%近くが小学校の教科書から入りました。大きくなって発音の違いに苦労しましたが、長い目でみれば、今は文章から入ってよかったと思っています。

2017年05月

うちなぐち

① 子(くぁ)ん達(ちゃあ)や親(をぅや)ぬ家(やあ)んじ尻(ちび)ゆらりてぃ、又(また)尻長(ちびなが)さんあん。
② 彼(あり)え我(わあ)が尻尖(ちびとぅが)やあやくとぅんでぃち目(みい)ぬ尻(ちび)しん見(ん)だん
③ とお、今迄(なままでぃ)、言(い)ちゃる事(くとぅ)、尻(ちび)括(くん)ち取(とぅ)らし。
尻(ちび)軽(が)っさる人(ちゅ)お尻(ちび)重(んぶ)うとお変(か)わてぃ片時(かたとぅち)ん尻(ちび)平(ふぃら)きらん
⑤ 主(すう)や子(くぁ)ぬ尻(ちび)拭(ぬぐ)やあしみらってぃ、にりとおいぎさん。
尻(ちび)たっとぅうしいねえ、測(はか)やあ虫(むし)ぬ如(ぐとぅ)どぅある。
尻(ちび)退(し)んちゃあし後(あとぅ)、とおなたれえ、尻抜(ちぶぬ)ぎけえそおん
⑧ 彼(あり)が尻(ちび)引(ふぃ)ち前(めえ)引ちすくとぅ、我(わん)ねえ座(いい)尻んちかんさ。

日本語

① 子供たちは実家でだらだら過ごし、また長居もする。
② 彼は私が怠け者だからといって、軽蔑して無視している
③ さて、今まで発言した事の総括してくれたまえ、。
気軽に動く者不精者とは違い片時も腰を下さない
⑤ 親は子の失敗の後始末をさせられて、呆れているようだ。
うつ伏せになって尻を持ち上げたら、尺取虫のようだ。
後退りした後、終には、こっそり逃げてしまった
⑧ 彼が身辺をうろうろするから、私は落ち着けないのさ。

【解説】
例文①「尻ゆらりゆん」は「無駄に過ごす」。その名詞形「ゆらりやあ」は「無駄に過ごす人」。「尻長さん」は「長居する」。その名詞形「尻長」は「長居」、「尻長あ」は「長居する者」の意となります。

例文②「尻尖やあ」は「(座って)尻を曲げて尖らしている者」の意味。転じて「怠けている者」の意味です。「目ぬ尻」は「まなじり」。「目ぬ尻しん見だん」は「ほんの一寸も見ない」の意味。転じて「(軽蔑して)無視する」の意味です。
例文③「尻括じゅん」は「締め括る」、「総括する」等の意味。他に琉歌等の「下句を歌う」の意味もあります。
例文④「尻軽っさん」は「てきぱき働く(動く)」。「尻」に格助詞「の」が付く場合の前講の例文⑧とは意味が違います。「尻重う」は「腰が重く動こうとしない者」、「不精者」等の意味。「尻平きゆん」は「腰を下す」の意味。
例文⑤「尻拭やあ」は「後始末をする者」、「結論」、「トイレットペーパー」等の意味。「尻拭ゆん」はその動詞です。
例文⑥「尻たっとぅう」は「うつ伏せになって尻を上に持ち上げている状態」を言います。
例文⑦「尻退んちゃあ」は「後退りする事」。その動詞は「尻(ちび)退(し)んちゅん」です。「尻抜ぎ」は「(器の)底が抜ける事」、「こっそり逃げる事」の意味です。次講の「尻(ちび)擂(す)んちゅん」との違いに注意してください。
例文⑧「尻引ち前引ち」は「身辺をうろうろすること」。「座(い)い尻(ちび)んちかん」は「座る場所を暖める暇もない様子」から転じて「落ち着かない様子」の意味になります。

【応用問題】
 例文・解説文を参考に箇条文の太字部分に近い語句を左の( )内から選びなさい。答えは下欄です。
(尻ぬ目しん見だん、尻重う、尻引ち前引ち、座尻んちかん、尻長さん)。

じんぶん腐(くさ)らあや、まあぬ会社(くぁいしゃ)んかいん居(をぅ)ん。
② 人(ちゅ)なかい、うすまさ、かかい縋(しが)いさってぃ、仕口(しくち)んならぬ。
③ 七月(シチグァチ)ぬ親戚(ゑえか)巡(みぐ)いぬばあや長居(ながいい)する人(ちゅ)お、いきらさん。
④ 儲(もう)き尽(ずく)んかい目(みい)ん振上(ふや)ぎらんでぃんさん人(ちゅ)ん居(をぅ)ん。
⑤ 子(くぁ)ん達(ちゃあ)ぬ後々(あとぅあとぅ)ぬ事(くとぅ)、考(かんげ)えいねえ、肝(ちむ)んやしまらん
答え:
① 尻重う。
② 尻引ち前引ち。
③ 尻長さる。
④ 目ぬ尻しん見だん。
⑤ 座尻んちかん。

日本語意訳
①怠け者はどこの会社にもいる。
②人に酷く付き纏われたら仕事もできない。
③盆の親戚巡りで長居する人は少ない。
④儲け事に目を向けようとしない人もいる。
⑤子供たちの将来の事を考えると落ち着かない。

うちなあぐち

尻(ちび)ちちいしやあに、尻ぬぐっすい、痛(や)まちゃん。
② 彼(あり)が話(はなしい)や通(とぅう)ち、尻(ちび)ん切(ち)りらんしが、如何(ちゃあ)がなとおが。
③ 今度(くんどぅ)ぬ長(なが)でえや尻(ちび)どぅなとおいびいたる。
④ 親(をぅや)ぬ家(やあ)んじ(ぜ)え、すしん無(ね)えらな、尻費(ちびだ)ありどぅそおる。
⑤ 叫(あ)びい強(じゅう)さる人(ちゅ)お、する内(うち)、尻口(ちびくち)ぬあたらんなゆん。
⑥ 先(ま)じ(ぜ)え、彼(あ)っ達(たあ)、後尻追(あとぃちびうう)うてぃ尻探(ちびさぐ)てぃんだな。
尻(ちび)ん無(ね)えん人(ちゅ)んかい尻(ちび)糞(くす)うんでぃ言(ゆ)るばあんあん。
尻(ちび)ぬ軽(が)っさしぬ当(あ)たり前(めえ)あらんし(せ)え昔(んかし)ん今(なま)ん同(い)ぬむん。

日本語

餅をついて、尾てい骨を痛めた。
② 彼の発言は何時も煮え切らないが、どうなっているんだ。
③ 今年の長距離競争はビリ(最語尾)でした。
④ 実家ではする事がなく、長座して時間を潰すばかりだ。
⑤ 喋り過ぎる人は、いずれ、辻褄が合わなくなる。
⑥ 先ずは彼らを尾行して探りを入れてみよう。
⑦ 後始末をしない者無責任者'''と言いう場合もある。
尻軽が普通でないことは昔も今も同じ。

【解説】
 「尻(ちび)」は日本語では「尻(しり)」ですが、「結末」、「始末」、「器の底」、「文末」等の意味に転用され、その慣用句・言い回しは日本語とは大きく異なります。地域によっては「尻の穴を意味する『まい』『まあい』がその意味になります。
例文①「尻ちちいしいゆん」は「尻餅をつく」。「尻ぬぐっすい」は「尾?骨」の意で「尻垂(ちびた)いぐっすい」とも言います。
例文②「尻ん切りらん」は「煮え切らない」、「曖昧である」等の意味です。
例文③最後尾という意味の「尻」と同じ意味の卑語、「尻糞(ちびくす)う」には例文⑦に見るように、「後始末をしない者」、「無責任」という意味もあります。
例文④「尻費あり」は「長く座って無駄に時間を潰す事」。「費(だ)あり」は「何かに心身や時間等を(無駄に)費やす事」。
例文⑤「尻口ぬ合たらん」は「辻褄が合わない」、「矛盾する」の意味。「ああきゆん」。
例文⑥「尻探ゆん」は「(密かに)探りをいれる」の意味。「尻探い」はその名詞形です。
例文⑦「尻ん無え(ら)ん」は「後始末をしない」の意味で「尻ぬ無え(ら)ん」とも言います。「尻糞う」は例文③「ビリ」の意味の他、「後始末をしない者」、「無責任」の意味があります。後者を「尻拭らぬう」とも言います。
例文⑧「尻ぬ軽っさん」は「(女が)浮気である」の意味です。次講の「尻軽っさん(てきぱきと働く)」とは意味が異なります。

【応用問題】
 例文・解説文を参考に箇条文の太字部分に近い語句を左の( )内から選びなさい。答えは下欄です。
(尻ん切りらん、尻探ゆん、尻費あり、尻口ぬあたらん、尻糞う)。

① 汝(い)っ達(たあ)が言し(せ)え、あいゆかん、ああきとおしが、実(じゅん)にやみ。
② 政治(しいじ)さあ達(たあ)ぬ人(ちゅ)ぬ話(ばなしい)や、いいくる、切(ち)り端(ふぁ)ん無(ね)えらん
尻拭(ちびぬぐ)いさん者(むん)、頼(たる)がきたい、腰当(くしゃ)てぃさんし(え)えまし。
④ 控(ふぃけ)えぬ選手(いえらびんちゅ)おベンチんじ、暇(ふぃま)だありびけえそおん。
⑤ 実否(じっぴ)ぬ事(くと)お、窺(うかが)がてぃ見(ん)んだでえ分(わ)からん。
答え:
① 尻口ぬあたらん。
② 尻ん切りらん。
③ 尻糞う。
④ 尻費あり。
⑤ 尻探てぃ。

日本語意訳
①君らの言う事はとても矛盾しているが、本当なのか。
②政治家の話は大抵曖昧である。
③無責任な者を頼ったり後ろ楯にしない方がよい。
④控えの選手はベンチで退屈している。
⑤真偽については探って見なければ分らない。

うちなあぐち

① 芝(しば)居(い)ぬ門賃(むんちん)やれえ、前銭(めえじん)ぬどぅ安(やっ)さる。
銭事(じんぐとぅ)し思(うみ)い病(やみい)しいねえ、性(し)持(むち)ち迄(までぃ)んけえ変(か)わゆん。
交界銭(くげえじん)銭捨(じんしてぃ)てぃ事(ぐとぅ)がやら、為(たみ)なゆるむんがやら。
銭抜(じんぬ)がさってぃ、模合(むええ)ぬ掛(か)き銭(し)ぬん払(はれ)えゆさんなとおん。
得(い)いり銭(じん)、取(とぅ)らすんでぃち、銀行(じんこう)んじ、銭(じん)変(け)えやびたん
⑥ うぬ銭(じん)入(い)り目(み)え、実(じち)え、銭(じん)使(ぢけ)えぬ粗(あら)さる故(ゆい)どぅやたる。
銭(じん)いみやあんかいや銭や引(ふぃ)っちりびっちりどぅ払(はら)ゆる。
銭(じ)のお銭使(じんぢけ)えどぅやる、銭呉(じんくぃ)やあとお友(どぅし)え、すなけえ。

日本語

① 芝居の入場料なら前金の方が安い。
金銭事で思い悩むと、性格まで変わってしまう。
交際費は浪費なのか、有効なものなのか。
金を横取りされて、模合の掛け金も払えなくなった。
お小遣いを上げようと、銀行で両替しました
⑥ その多多出費は、実は金遣いが粗い所為であった。
借金取りには、借金は小刻みにしか返済しない。
金は大切に使うものだ金をばら撒く奴の友になるな。

【解説】
 「銭」に纏わる諺も多くあります。一つに「銭ぬ無えん沙汰や(ぬ)馬ぬ糞心」というのがありますが、「解釈」は二通りあります。一つには「長い間貧乏をしていると馬の糞のように腐ってしまう」。二つに「蹴り蹴りままに転でぃ行ちゅさ」という文句を付け足して、「金の無いというのは馬の糞のようなものだ、蹴れば蹴られるままに転がっていく」。

例文①「前銭」は「前金」。
例文②「銭事」は「金銭事」。
例文③「公界銭」は「交際費」「銭捨てぃ事」、「無駄遣い」等の意味。
例文④「銭抜がすん」は「金を横取りする」。「掛き銭」は「(模合・保険などの)掛け金」。
例文⑤「得いり銭」は「小遣い」、「お年玉」等の意味で、「得いい銭」とも言います。「銭変えゆん」は「両替をする」。
例文⑥「銭入り目」は「出費が多い事」、「費用がかかる事」の意味。「銭遣え」は「金遣い」の意味。
例文⑦「銭いみやあ」は「借金取り」。「いみゆん」は「催促する」、「請求する」の意味。「銭引っちりびっちり払ゆん」は「金を小刻みに払う」。
例文⑧「銭のお銭遣え」は「金は大切に使うもの」という意味の慣用句。「銭呉やあ」は「やたらと金をばら撒く人」。

【応用問題】
 例文・解説文を参考に箇条文の太字部分に近い語句を左の( )内から選びなさい。答えは下欄です。
(銭のお銭使え、銭入り目、得いり銭、引っちりびっちり払ゆし、銭捨てぃ事)。

① 童(わら)ん達(ちゃあ)ぬ得(い)いたる銭小(じんぐぁあ)や、あったに無(ね)えらんなゆん。
② 公界(くげえ)すしん、また、銭費(じんてえ)えし事(ぐとぅ)やいびいさ。
③ うっかあ、小(くう)てんなあ払(ばら)ゆしどぅまし(せ)えあらに。
④ いちゃんだん銭呉(じんくぃ)ゆる事(くとぅ)やかん銭(じん)だありな事お無(ね)えん。
⑤ 銭のお、あたらささし、使ゆるむぬ。
答え:
① 得いり銭。
② 銭入り目。
③ 引っちりびっちり払ゆしどぅ。
④ 銭捨てぃ事。
⑤ 銭のお銭使え。

日本語訳
①子供たちのお小遣いは、あっという間に無くなる。
②大勢招いて御馳走するのは出費が嵩むものですよ。
③借金は少しづつ返せば良いではないか。
④無駄に金をばら撒く事より浪費な事はない。
⑤金は大切に使うもの。

注:「正銭」は「本物のお金」という意味ではなく、旧銭(鉄銭一厘)に対して「新銭」の「一厘銭」という意味です。また、「固銭(くふぁじん)」は旧18銭の別称です。

↑このページのトップヘ